賃貸にはメリットやデメリットがあります!

賃貸にとってのデメリットである敷金

日本で賃貸アパートや賃貸マンションに住もうとしたら、多くの物件で支払わないといけないのが「敷金」です。この敷金は部屋に住んでいる方が、家賃を払わずに逃げた場合や、家賃滞納の時の保険のようなものです。この敷金は引っ越しをするために部屋から出ようとした時に、いくらか敷金は返金される事になっています。しかし、多くの大家さんや管理会社は敷金を返さない所が多いのです。その理由は「部屋が汚れたから、現状回復のために敷金でまかないます」と言うのです。この制度は住宅を購入しない限りはついてくる問題で、賃貸のデメリットと言えるでしょう。

賃貸は追い出されるケースもあります

賃貸に住むという事は住宅を手に入れた訳ではありません。お金を支払って一定期間の間は住宅を借りられるという事なので、大家さんや管理会社の判断で追い出されるケースもあるのです。例えば近所迷惑になるような行為をして、隣の部屋の住人からクレームが来たら追い出される可能性もあります。他にもペットを飼ってはいけない物件なのに、大家さんや管理会社に黙ってペットを飼っているのを見つかってしまえば追い出される事もあるのです。このようなケースは住宅を購入していれば防げるケースなので、これも賃貸のデメリットでしょう。

賃貸にも多くのメリットがあります

賃貸にはデメリットだけではなく、持家に負けないメリットもあります。まず1ヶ月ごとに家賃を払って行くシステムなので、仕事の都合で引っ越しをしたい場合は簡単に住宅をかえられます。もしも一戸建てやマンションを購入していれば、安くても1000万円以上のお金を支払う事になるでしょう。そのため住宅を購入したら、引っ越しは簡単ではありません。年収が少ない時に1000万円ぐらいの住宅を購入した場合は、途中で年収が上がっても3000万円ぐらいの住宅を購入するのは難しいでしょう。しかし賃貸であれば、家賃が毎月5万円ぐらいの所から7万円ぐらいの所へ移るのは難しくありません。賃貸のメリットとは住み始めてから柔軟に引っ越したりグレードの高い住宅に変えられる所なのです。

賃貸マンションは様々な防犯システムがありますし、地震にも強いので安全に暮らしていくことが可能になっています。

小樽の賃貸マンションの関連記事