これで安心、失敗しないマンション売却方法の考察

不動産業者の特性を見極める

マンション売却を真剣に検討したときに、やはり誰しも高値でうりたいですよね。闇雲に不動産会社に依頼するだけだは、本当に高値で売れるとは言えません。なぜなら、不動産業者にとって分譲マンションの売却は、売値が高かろうと安かろうと手数料が手に入りますので、値段よりも素早い契約を優先させる傾向にあるからです。それを踏まえたうえで考えると、不動産業者に丸投げしてしまえば、基本的な相場よりも若干安い値段で販売を進められてしまうということになります。

自分のマンションについて調査しよう

分譲マンションのメリットとしては、同じマンション内に売却の履歴があれば、それらが相場の基準となっていきますので、非常に相場調査が楽になります。まずは、自分の売却したい分譲マンションが、現在いくらで売り出されているかや、今までどの程度の値段で売買されていたのかを調査してみましょう。更に、付近に似たような条件の分譲マンションがあれば、その物件についても相場調査をしてみましょう。ぼんやりとですが、自分の分譲マンションの適性相場が見えてくるでしょう。

自分なりに情報を調べたらいざ不動産業者に依頼

不動産業者に依頼する場合、おおきく分けると2つの依頼方法があります。1社の不動産業者に任せる方法と、複数の不動産業者に依頼する方法です。1社に依頼する方法は、その1社が売却にかなり力を入れてくれますので、信頼出来る営業マンや不動産業者がいる場合は、この方法を採用しましょう。その他の場合は、複数の不動産業者に依頼してもいいかもしれません。しかし、高値で売り抜ける場合は、いかなる場合でも、不動産業者には、時間がかかってもいいので出来るだけ高値で売り抜けたいというこは伝えたほうが良いでしょう。

マンションの売却をするときには、できるだけ多くの査定を得ることです。そうすることで相場がわかり、高額で売却をすることがかないます。