賃貸物件の活用方法!知っているのと知らないのとでは大きな違いが!

賃貸契約ってそもそも何?

賃貸ってそもそも何?という素朴な質問にまずは答えましょう。賃貸物件という言葉を聞くことがあると思いますが、不動産の賃貸とは簡単に言うと不動産などを購入するのでは無く、借りることです。借りて月々使用料を支払う契約です。この賃貸契約にも種類があって、基本的には大きく二つの契約があります。一時的に物件を使用するために行う一時使用目的の賃貸借契約と建物の普通賃貸借契約があります。同じような契約に見えますが、実は法律面で大きな違いがあります。違いを知っているか知らないかで、トラブルが起きてしまった際の対処方法も大きく変わってきます。

一時使用目的の賃貸借と普通賃貸借契約の違いとは?

一時使用目的の賃貸借契約と普通賃貸借契約にはどのような違いがあるのでしょうか?まず一時的に建物を使用する賃貸借契約の場合、何か起きた時には民法が適用されます。そして普通賃貸借契約の場合は借地借家法という法律の適用があります。もっとわかりやすくするなら、一時使用目的の賃貸借契約の場合、貸主に出て行って下さいと言われたなら出ていかなければなりません。民法の適用の範囲内で借主はそれに従い出て行く必要があります。しかし普通賃貸借契約の場合は貸主が出て行って下さいと言っても、正当な理由がなければ立ち退きを要求することができません。借地借家法という法律により借主の権利が保護されています。自分が契約している賃貸借契約はどちらの契約に該当するのかを今一度確認しておくことで、いざトラブル発生の際には自分の身を守ることになります。

転貸するなら必ず貸主の許可を得よう!

賃貸借契約を結んだものの、部屋を思った以上に使用せずにスペースが余っているという場合、契約は解除できないけど、自分はもっと省スペースで家賃が少ない所に引っ越そうと考える場合、転貸という方法があります。自分が借りている物件を自分が貸主として又貸しする事を転貸と言います。実際にこうした転貸という事は行われており、それにより利益を出している人達もおられます。しかし賃貸物件の所有者である貸主に無断で転貸をしてしまうと不動産トラブルが生じる場合があります。そのためもし転貸を行いたいと考えているならば、必ず貸主に話して同意を得る事が失敗しない転貸を行う上でも肝要です。同意が無い状態で無断で転貸してしまったゆえに不動産トラブルが起きるケースがあるので、転貸するなら貸主に相談する事を忘れないようにしましょう。外国人観光客や日本でのオリンピックの影響により民泊の需要が高まり、それにより法律面の緩和がなされている事から、転貸についての知識を深めておく事はビジネスチャンスにも繋がります。不動産業に興味が出てきたなら宅地建物取引士の資格試験にチャレンジしてみる事もお勧めします。

函館市の賃貸マンションは、賃貸ですが一戸建てのようにペットの飼育が可能となっている賃貸マンションになっています。

更新情報
函館の賃貸で検索